(レディース編)国技館へ相撲観戦に行くときのおすすめの服装・ファッション

お相撲を見に行くことになったけれど、何を着ていったらいい?

国技館に初めて訪れるときは不安でしょうからまとめておきます。(2回目からはお好きなように(笑))

おすすめの服装は席によってほぼ決まる

相撲観戦では、溜(たまり)席、升席、椅子席の3種類あるわけですが、設備の違いによる服装の向き不向きと、なんとなく客層が違うのでそれぞれでおすすめの服装が異なります。

溜席の服装

溜席というのは基本的には関係者の特別席なので、もしそこにお呼ばれされているということであればお誘いいただいた方にドレスコードを聞くのがよろしいでしょう。

基本的には次の升席の高級版といった雰囲気でよろしいかと思いますが、テレビに映りこむことが多いので、そこを意識していただければよいと思います。

升席の服装

升席はその設備上の制約から、以下の2点に注意する必要があります。

1.狭い

通常の4人マスは非常に狭いです。したがって、ピチピチジーンズや長すぎ・短すぎスカートはちょっとたいへんです。また、お酒をこぼされたりもする可能性も、多少あります。

2.靴を脱ぐ

靴を入れる場所が狭いので、高いヒールやブーツはちょっと迷惑な感じです。人の靴と重ねて置いたりするので、きれいな靴がいいと思います。

この制約に適した服装はというと、ワイドパンツなどのコンサバ系guコーデかスポーツミックスか、ということになってしまうのですが、実際このくらいの中間コーデの人が多いような気がします。

升席の客層は家族連れからお年寄りまで非常に幅広いので、気取らず実用的な綺麗めファッション、というところに落ち着くのだと思います。ちょうど会社のお花見の時のような服装に近いかもしれません。

椅子席の服装

椅子席はマス席に比べて設備上の制約から解放されるので、おしゃれの幅が広がります。この理由からもデートにお薦めな席かもしれません。設備上の制約はほとんど無いに等しいので、着ぐるみで観戦してもおそらく大丈夫です(後ろの人の妨げにならなければ)。

頻繁に席を立つことになるので身軽な服装のほうが良いのですが、おしゃれをあきらめるほどではないかと思います。

和装デーで連れだって観戦に来られる方、デート、相撲常連など、若干ですが升席に比べて年齢層が若くなる傾向にあると感じます。

おしゃれしたい人のTips

・国技館の一番奥、佐川急便のところにクローク(有料)があるので、冬場、ファーのついたようなかさばるコートを着たい人はそちらに預けるのがよいでしょう。

・館内の空調はほぼ適温に維持されています。夏はノースリーブでも大丈夫でしょう。

・大多数の人がわりとラフな恰好ですが、時々、気合入っている人もいます。芸能人も紛れていますので、おしゃれしすぎても問題ありません(帰りの電車以外は)。

・お手洗いは奇麗で数も多いのですが、十両~幕内取り組みの間はさすがに込み合います。その時間の前後で対応しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加