席選びの基本 ~升(マス)席か椅子(イス)席どちらが見やすい?~

大相撲初心者はイス席

大相撲観戦というと座布団(マス席)というイメージが強いためか、せっかく大相撲を見るなら・・・と敬遠されがちなイス席(2F席)ですが、国技館の2Fは非常に見やすいですしチケットも比較的お求め安いため、大相撲初心者をはじめ子連れお年寄りにも断然おすすめしたい席です。

seat1

ポイントはひじ掛け(イスAとBのみ)と視界の広さ

私はマス席で相撲観戦デビューしてしばらくずっとマス席で観戦していたのですが、初めてイス席で観戦した時の開放感とその見やすさにはたいへん驚きました。天覧相撲で陛下がご覧になる席も椅子席の最前列ですから、見やすさという点ではお墨付きです。椅子席の最前列にはプレス用の席もあります。

seat2seat3

前の人の頭が邪魔にならない
升席の場合はどうしても前席の人の頭をよけてみる必要がありますが、椅子席はどの席からでも一直線に土俵を捉えることが出来ます。

手持ち撮影seat5を強力サポートするひじ掛けと、一脚(三脚)が使用できる十分なスペース
暗い館内と安い望遠レンズの組み合わせは手ブレとの戦いになります。しかしとてもいい位置にひじ掛けがあるため、かなりの速度まで手持ちの撮影が可能です。一人一人の占有スペースが広いため一脚(三脚)を使用しても周りに迷惑が掛かりません。

多少辛くても雰囲気重視なら断然マス席。ただし撮影にはかなり制約あり。

masu1見た目もそうですが、実際座ると非常に窮屈なマス席。ですが、十両以下の取り組みなら存分に撮影できます。4人マスに3人で入る場合などはコンパクトな一脚(三脚)なら使えますが、がっしり据え付けての撮影は無理でしょう。後ろの席に背の小さな子供や女性がいる場合に気を使うことが多くなります。幕内からの取り組みは混雑してきますので、手持ち撮影で前の席の人の頭をかいくぐって撮影することになります。
seat6

seat7うまく撮れなくても冷静に対処する気持ちが必要です

せっかくの升席ですから大いに楽しみましょう。

seat8

国技館撮影の基本に戻る

基本の機材選び ~カメラボディ~

基本の機材選び ~レンズ~

 基本の機材選び ~三脚~

 基本の機材選び ~カメラバッグ~

撮影の準備へ戻る

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加